前へ
次へ

立場にあわせて身に付ける喪服が違う

男性と女性では喪服を身につけるときにさまざまな配慮が異なってくるため、注意が必要です。
立場別

more

喪服レンタルを利用する時には色々な点を確認

突然の葬儀に際して今までの喪服を着ようとしたが、サイズが合わなくなってしまっていて困った等という際に

more

黒の喪服で一番美しいのが和服でしょう

その昔女性が葬儀に参列する際には必ず和服の喪服を着用していました。
和服の喪服を着用しているよ

more

失敗しないための喪服選び

喪服選びで失敗をしないためには大切なポイントがいくつかあります。
大学を卒業して会社に就職するとまず最初にしなければならないことは喪服の購入です。
それまでは葬式などは自分と関係ない世界の出来事でした。
ところが会社に就職してみるとその事情は一変します。
それは一体なぜなのでしょうか。
それは日本の企業の終身雇用制に原因があります。
日本の企業では若い人たちから高齢者まで均等に粒が揃っています。
これが終身雇用制のなせる業なのです。
日本は終身雇用制ですから六十歳を超すような高齢者等も働いています。
その人たちの上の世代は天国に旅立たれる機会が多いのです。
その機会は自分が考えているよりもずっと多いです。
1ヶ月に一度くらいは必ず葬儀に出席するようなことになります。
そのような時にすっかり慌ててしまっては一人前の社会人としては失格です。
すぐに葬儀に出席できるように準備をすべきなのです。
そのために必要なのが、会社に入社したらすぐに喪服の一着を購入しておくということです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

日本の葬儀では昔からあるしきたりがあります。
これは通常の話なんですが、通夜と葬儀で異なる種類の服を着ることがマナーだとされています。
通夜と葬儀は当たり前ですが二日間に渡ります。
全く同じ服で通夜と葬儀に参列することはマナー違反だと言われています。
これは会社に入社したばかりの新入社員にとっては大変なことです。
ですがこれには対策があります。
購入するスーツのうちの一つをブラックスーツにしておくことです。
ブラックスーツを通夜や葬儀で着用することはなんら失礼にはあたらないのです。
一般的に言われていることですが通夜に参列する場合には、男性は平服、女性は黒が主体のワンピースやアンサンブルあるいはスーツなどを着用するのが基本です。
これでわかることは、通夜の席では喪服を着用するよりもブラックスーツを着用する方がベターであるということです。
それには秘密が隠されていました。
前者を着用して通夜に出席すると、まるで故人の死を予想していたように受け取られるからです。
それを防ぐためにもブラックスーツの平服が無難なところです。

Page Top